面白げな、PHPのコマンドラインオプション。

PHPをコマンドラインから使う場合に便利なオプションをいくつか紹介。

phpinfoの確認 (iオプション)
php -i

とするだけで、phpinfoが表示される。

ただ、これではズラーっと流れるだけで全く読む事が出来ないので…。

php -i | less

とするか、

php -i | grep チェックしたい項目の一部

などとしてgrepする。

例えば、session関連の値を確認したい場合は、

php -i | grep session | less

とするだけで、session関連の情報が一覧表示される。

※補足
phpinfoについては、

<?php phpinfo(); ?>

みたいなファイルをドキュメントルートに設置すればブラウザからでも確認出来て確かに便利だけれど、そのままおきっぱにして他人に見られたら・・・ってのはあまり気分が良い物でも無いので、利用可能な場合はコマンドラインでの確認も便利かもしれない。
どっちにしろ確認する項目見つけるために検索とかすると思うし。

任意のPHPコードを実行
php -r 'echo 1;'

などとrオプションを付けてやる事で、任意のPHPコードを実行できる。

<?php&#91;/php&#93;
などは不要。

<div class="userTitle">ソースコードのハイライト出力(sオプション)</div>
test1.php
<?php
hogehoge();
//testと出力する関数
function hogehoge(){
echo 'test';
}
?>

というソースがあったとして…。

php -s test1.php > test1-highlight.txt

というコマンドを打つと…。

test1-highlight.txtに

<code><span style="color: #000000">
<span style="color: #0000BB">&lt;?php<br />hogehoge</span><span style="color: #007700">();<br /></span><span style="color: #FF8000">//testと出力する関数<br /></span><span style="color: #007700">function&nbsp;</span><span style="color: #0000BB">hogehoge</span><span style="color: #007700">(){<br />echo&nbsp;</span><span style="color: #DD0000">'test'</span><span style="color: #007700">;<br />}<br /></span><span style="color: #0000BB">?&gt;<br /></span>
</span>
</code>

という、ソースを返してくれる。

これをそのままブログ等に張り付けると…。


<?php
hogehoge
();
//testと出力する関数
function hogehoge(){
echo 
'test';
}
?>


こんな感じ。

ソースコードのプチ難読化(wオプション)

難読化という程でも無いけれど、コメントや不要な空白 改行等を削除してくれる w オプションも面白い。

例えば…
test1.php

<?php
hogehoge();
//testと出力する関数
function hogehoge(){
echo 'test';
}
?>

というソースがあったとして

php -w test1.php > test1-conv.php

と、コマンドを打つと…。

test1-conv.php

<?php
hogehoge(); function hogehoge(){ echo 'test'; } ?>

といった改行やコメント・無駄なスペース等を省いたソースが出力される。

コメント削除はともかく、改行やら空白削除は、NetbeansなどのIDEやその辺のフリーソフトを使えば普通に読みやすく整形出来てしまうので、あまり意味はないけど「面白い」ただそれだけ。

その他

他にも面白そうなオプションが沢山あるのでPHPマニュアルを参照の事。

2011年05月15日  タグ:

コメント

  1. […] 面白げな、PHPのコマンドラインオプション。 – とりあえず9JP […]

Leave a Reply