Firefox3.6を新規に入れたら即やるabout:configとかその他の設定5選。

Firefoxを入れたら即やるabout:config設定のメモ。

1~3まではロケーションバーにabout:config と入力し、about:config設定画面が表示されている事を前提とする。

1.スペルチェックを無効化する

スペルチェックで入力時に赤波線が入るのが心底ウザいので真っ先にやっておきたい設定。

フィルタ に layout.spellcheckDefault と入力し、値を1→0へ変更。

2.新規タブを右端に表示する

3.5までは、新規タブは右端に表示されるのが常だったのだけれど、3.6からはデフォルトの状態では新規タブは、リンク元のタブの真横に表示されるようになってしまった。
慣れれば良いのだろうけど、慣れる前に毎回新しいタブを探すのが面倒すぎて発狂しそうなので3.5時代と同じように新規タブを右端に表示するように設定する。

フィルタに browser.tabs.insertRelatedAfterCurrentと入力し、
値をtrue→falseに変更する。

3.戻る・進むのメモリキャッシュを保存しないようにする

よく分からないけど、個人的に戻る・進むは殆ど使う事が無いので、それでメモリを食われるとしたら面白くない。
だから、機能を無効化する。

フィルタに browser.sessionhistory.max_total_viewers と入力し、値を0に変更する。

4.ツールバーのアイコンを小さくする

必要以上にデカいアイコンで画面を少しでも狭められるのはあまり面白くないので、小さいアイコンを使うようにする。
Firefoxメニューバー上の何も無い所で右クリックし、カスタマイズを選択。
ツールバーのカスタマイズ画面の下部にある、表示を「アイコンのみ」に指定、「小さいアイコンを使用」にチェックを入れる。

ついでに…。
「ツールバーのカスタマイズ」を開いている間は、ツールバー上のアイコンなどを自由に動かしたり、非表示にしたりする事が出来る。
移動はドラッグするだけ、非表示は非表示にしたいアイコンを「ツールバーのカスタマイズ」画面にドラッグするだけ。
自分はGoogleツールバーを入れると、Firefoxの検索バーは使用しないので、非表示にしている。

5.メニューバーを必要な時だけ呼び出すようにする

主に使う機能のショートカットとか覚えていれば、殆ど使う事の無いメニューバー。
通常時は非表示にする事で画面にほんの少しの余裕が出来る。
メニューバーの、表示→ツールバー→メニューバー をクリックして、メニューバーのチェックを外す。
メニューバーを表示したい時はFirefoxにフォーカスがある状態でAltキーを押せば表示される。
メニューバーを使わなければ勝手に消えてくれるので便利。

2011年01月27日  タグ:,

Leave a Reply