AUの個体識別番号が変更出来なくなった理由は?

高木浩光@自宅の日記-先週からEZ番号の変更が不可能にされていた」によるとauの「サブスクライバID(EZ番号)」の変更が出来なくなったらしい。

高木氏は以前より携帯電話の固有IDの危険性について主張しているが、その主張について共感する点が多々あり、自分自身
携帯電話の個体識別情報は個人を特定する情報に成り得るのか否か
という記事を書いている。

自分はAUの携帯電話を契約してはいるものの、実は、サブスクライバIDは「携帯電話の契約単位」で割り当てられるものだと思っており、EZWEB解約→EZWEB再契約で「変更出来る」という事を知らなかったので、むしろ変更出来たことが「驚き」だったのだけど…。

高木氏のブログ」を見ると、2ちゃんねるの「報告人作戦返答処理スレッド★18」へのリンクが張られ、一部引用されているのだが、これを見る限り、2ちゃんねるのezweb.ne.jpの規制と今回のauの仕様変更に何らかの関係があるのでは無いかと、邪推してしまう。

また、これも高木氏の日記なのだが・・・
2ちゃんねるが日本のインターネット終了の引き金を引くか – 高木浩光@自宅の日記
こちらの記事ではibisブラウザ及びjigブラウザが2ちゃんねるの要求に応じ、iモードIDを送出するように対応した事について書かれている。

自分は2chを見る事はあっても「どうしても書き込みたい」という感覚はないので、一掲示板サイトである2ちゃんねるの動向や要求に応じ、企業が慌てて仕様を変更する、というのは如何なものかと考えてしまう。
正直、Jig、アイビス、KDDI、といった企業が、”もし本当に”2ちゃんねるの要求によって「仕様を変更した」という事なら、自分はこれらの企業について良い印象を持つ事が出来ない。
KDDIに至っては、使いようによっては個人情報に繋がってしまう情報であるサブスクライバIDを、「変更可能」から「変更不可能」にしてしまったのだから尚更だ。
au携帯ユーザで2ちゃんねるを利用するユーザは一部だと思うが、サブスクライバIDはWEB機能を利用するau携帯ユーザ全てに関わってくる事なのだから。

2ちゃんねるに関しては、どの企業もISPもそれこそ一斉に「相手にせず」という方針を取れば、規制ばかりで人の少ない所に人は集まらないので、2ちゃんねる側が「規制を緩和」したり「独自の会員制」を設けたり、とかで、勝手に対応すると思うのだけど…。

2010年05月18日  タグ:,

Leave a Reply