意味はよく分かんないけどとりあえず使っているIT系用語。

Twitterを眺めていたら、こんなつぶやきを見つけた。

via DTM155
IT業界の人間はかっこいい名称に弱い(クラウドとか仮想化とか)。つまり専用サーバって言い方がダサいw。だれかバズワードでいいから別名を生み出せばいいんじゃね

自分は既にIT業界の人間ではないのだけど、確かに「カッコいい単語に弱い」ってのはあるかもしれない。

「クラウド」とか意味はよくわかんないけど、とりあえず使う事あるし。
多分間違った認識なんだろうけど、処理単位で独立したサービスをネットワーク経由で利用する、といった感じなのかなぁぁ・・・とか思ってるけど、検索してみると「やっべ意味わからん」って感じ。

あと、「マッシュアップ」とか…。
ぶっちゃけ、「具体的にどういう意味?」って感じ。
ただ、APIやRSSまたはスクレイピングしたデータを収集・加工して、新たなコンテンツを創り上げる って意味なのかなぁ。とか思いつつ、ツッコミ入れられるのが怖いので、あえて自ら「マッシュアップ」という言葉を使った事はほぼない。
だって、検索しても「具体的な定義」ってのが見当たらないんだもん。

「IT」って単語も、自分は「インフォメーションテクノロジー」だと習ったけど、最近では「インターネットテクノロジー」って意味でも使われてるぽいし、「どっち!?」って感じだし。
フツーにシステム開発会社が「IT(インターネットテクノロジー)を活用」とか書いちゃってる辺り、「インターネットテクノロジー」って意味でも使われるようになった、って事なのだろうけど。

あと、色んな意味で救いようがない人っぽいけど、「オブジェクト指向?何それ。食べ物?」って感じ。
「具体的に意味を説明しろ!」とかいわれたら確実に言葉に詰まる。

2010年12月10日  タグ:

Leave a Reply