アフィリエイトの広告主側からみたアフィリエイトシステム。

調子にのってまたアフィリエイトネタ。

自分は以前、WEBサービスを展開している会社に勤めていた事があって、その会社ではアフィリエイトの広告主側としてアフィリエイトを利用していたので、A8.netやバリューコマース、アクセストレードなどの営業さんの名刺を貰ったりした事がある。

で、その時の事をちょっと思い出したので、偉そうに「アフィリエイトの広告主側から見たアフィリエイト」なんてタイトルで記事を書いてみようと思う。
といっても、担当じゃなかったので、広告主側の画面にアクセスする機会もそれほど多く無く、もう何年も前の話なので、現時点でのアフィリエイト事情とは食い違いがある可能性もあるのだけど。

まず、アフィリエイトサービスプロバイダ(以下ASPと表記)にもよるのだけど、アフィリエイトプログラムを登録するためには「初期費用」や「デポジット(補償金的な何か)」が必要だったりする。
システムの月額利用料も発生する感じ。
あと、成果に対してアフィリエイターに支払う報酬とは別にASPのマージンも入ってたようなそんな気がする(たぶん)。
ちなみに、自分が勤めていた会社では、売り上げ とかから、 サービス登録者 一人当たりの広告費 という物を定めていて、その範囲でアフィリエイトの報酬額を調整していたりした。

で、アフィリエイトって、基本アフィリエイターに対して「不利」な条件だらけなんだよね。
例えば、どれだけ成果を上げようと、広告主の判断で「キャンセル」する事が容易に可能。
ていうか、条件にもよるんだろうけど、広告主のアフィリエイト担当者の気分次第、的な。

要するに1万円の成果報酬が上がっていたとしても、担当者の気分次第でポチッと、キャンセルされたらそれでおしまい。
成果の確定はあくまで広告主側の判断にゆだねられているから、正常に有効な成果だったとしても、広告主側が意図的に「キャンセル」してしまえばそれでおしまい。
広告主側からしたら、成果をキャンセルする際に「キャンセル理由」を述べる必要もないわけで。
そりゃ、「全キャンセル」とかやったら、ASP側から注意が入ったりするのかもしれないけど、露骨じゃなければASP側も文句をつける事が出来ないっていう。
あと、アフィリエイトプログラムを開始した当初は「トラッキングタグ」のチェックをASPが行うけど、開始後の定期的なチェックが入ってるかどうかは定かじゃないので、故意過失に関係無く、広告主側がトラッキングタグを外してしまえば、いくら成果を上げようと「トラッキングされずに成果として反映されない」ということも起こり得る。

と、ネガティブな事を考えていたらやってられないアフィリエイトだけど・・・。
だからこそ、貼る広告の選択は慎重に行うべきだと思う。

「成果報酬が高い」「成果が上がりやすそう」とかで広告を選択しても、「成果確定」してもらえなければ無意味。
個人的には広告主が「大手」であれば成果のごまかしとかそんなセコイ事して自社のブランド価値を落とそうと思わないと思うので、「比較的安心」だと考える。

ちなみに、自分が勤めていた会社ではサービスの性質上、アフィリエイトからの登録者の比率が非常に高かったので、アフィリエイトの成果は「多少怪しくてもとりあえず承認して」って感じだったけど。で、「成果確定」とか「掲載先審査」とかも素早くやらないと掲載先の信頼と機会を逃すから、担当者には「休日でも暇があれば掲載審査と成果確定作業をお願い」とか部長がいってたのを覚えている。

例の如くグダグダ書いたけど、キリが無いのでこの辺で。

2010年12月10日  タグ:

Leave a Reply