さくらのVPS、CentOS以外の複数OS対応へ。

さくらのVPSが、コントロールパネルから新規インストール可能なOSを10種類に増やしたとの事。

本日より、以下のOSがコントロールパネルから再インストール可能となる。

CentOS 5.5 x86_64 (64bit版)
CentOS 5.5 x86 i386 (32bit版)
Ubuntu 10.04 amd64 (64bit版)
Ubuntu 10.04 i386 (32bit版)
FreeBSD 8.1 x86 amd64(64bit版)
FreeBSD 8.1 x86 i386 (32bit版)
Debian 5.05 amd64 (64bit版)
Debian 5.05 i386 (32bit版)
Fedora 13 x86_64 (64bit版)
Fedora 13 i386 (32bit版)
http://www.sakura.ad.jp/news/archives/20101008-001.news

10のOSとはいってもそれぞれ、64ビット版と32ビット版が用意されているので実際に選択可能なディストリビューションは5つという事になるのだろうけど、凄い事に変わりはない。
あと、fedoraとFreeBSDがシリアルコンソールの動作保障対象外、との事だけど、余所のサービスじゃそもそもシリアルコンソールなんてものが用意されてないのだから、それもあんま気にする事じゃないね。

で、自分は何を選択するかったら・・・
情報のあふれているCentOSだったりするけど。
意味無。

2010年10月08日  タグ:,

Leave a Reply