自社名や自社サービス名でのキーワード入札の意味。

自社名や、自社サービス名でキーワード広告出している会社って結構あるよね。

自分はキーワード広告を出した事が無いから事情を知らずに勝手に思い込んでる点があると思うのだけど、この自社名・自社サービス名でのキーワード広告って意味あるのかなーとか、ちょっと考えてみた。

「自社名入札」が何故意味がないと考えたのか

何故、自社名や自社サービス名でのキーワード広告が意味無いと考えたのかというと・・・
例えば、自社名や自社サービス名で既に主要サーチエンジンの1位に表示される場合、あえて自社名等での入札の必要はないと思うし、既に自社名や自社サービス名で検索をかける時点で、検索者の心はバッチリつかんでいる気がする。
キーワード広告掲載サイトや掲載ブログとかでも、「自社名」や「自社サービス名」等を既に出しているのであればそれに合わせてリンクも貼ってくれてる事が多いと思うんだよね。

そこであえて「自社名」「自社サービス名」でキーワード入札して本来検索エンジンやリンクから「タダ」で来てくれたはずのユーザに広告費をかける必要があるのかなー・・・と考えた。
(広告の露出具合からの想像で、実際どうなのか知るすべはないけど、自社名や自社サービスではキーワード広告を出してないところもそれなりにあるっぽいし。)

それでも自社名入札する人の考え

で、実際どうなんだろうー?と、ググってみた。
キーワードは「自社名 キーワード 入札 意味」。

リスティング広告でブランドネームは買う?買わない?|SEM-LABO

SEM-LABOさんは自社名で入札する派らしい。
その理由はリンク先を見てもらえば詳しく書かれているけど、一部引用させてもらうと…

自社名やブランドネームを購入することを無駄なコストと考えるのではなく、より見込み客を自社に誘導する手法と考えれば、購入しない手はないでしょう。
リスティング広告でブランドネームは買う?買わない?|SEM-LABO

という事らしい。
こういう考え方もあるのかー。と、超納得した。

2010年10月07日  タグ:,

Leave a Reply