もしものCSVデータの使い道。

もしもドロップシッピングで提供されているCSV。

ファイルサイズがデカすぎて編集しづらかったり、あまりメンテナンスされてないっぽかったり、APIと比較して項目が少なかったり、と文句を言い出せばキリが無いのだけど・・・。

一つ使い道を思いついた。
これって適当にプログラム組んで、Wordpressにインポート出来る形にデータのフォーマット変えてやれば、かなりお手軽に商品紹介ページを量産できる気がする。

2010年10月07日  タグ:

Leave a Reply