WordPressを入れたら真っ先に入れるプラグイン8選。

自分がWordPressをインストールしたら真っ先に入れるプラグインのメモ。
以下全て、プラグイン新規追加→検索 から自動インストール可能。(Yet Another Related Posts Pluginのみ自動インストール後にSSHまたはFTPにてテンプレートをコピーする作業が必要)

Yet Another Related Posts Plugin

関連記事を表示してくれるプラグイン。
関連性を判定する際に重視する点(タグ・カテゴリ・記事タイトル・記事本文)などを細かく設定可能。
日本語にも対応しており、非常に精度が高い。

All in One SEO Pack

タイトルバーに表示する文字列を「記事タイトル+ブログ名」にしたり、METAタグに記述する情報を記事単位で設定出来たりする、WordPressでは定番のSEOプラグイン。

AddQuicktag

WordPressのエディタ(リッチエディタでは無い方)にボタンを追加するプラグイン。
ボタンには独自のタグ等を追加出来、クリック一つで呼び出せる他、開始タグ・終了タグを指定できるため、範囲指定した文字列をタグで囲むといった複雑な入力にも対応している。

Google XML Sitemaps

サーチエンジン向けのXMLサイトマップを出力してくれるプラグイン。
WordPress3.0から実装された、マルチサイト機能には対応していないので、マルチサイト環境下で利用するには少し工夫が必要になる。

Dagon Design Sitemap Generator

人間向けのサイトマップを自動生成してくれるプラグイン。
1ページあたりの表示記事数や、ページングの方法など、非常に細かい指定が可能。

Ktai Style

WordPressを携帯対応にするプラグイン。
インストールするだけで携帯対応になるが、設定画面でテーマなどを細かく設定する事で自分好みの携帯サイトが作成可能。

Simple Tags

タグの入力や管理を簡単にしてくれるプラグイン。
特にタグの入力支援が強力。

Syntax Highlighter for WordPress

ソースコード等を色分け表示してくれるプラグイン。
多数の言語に対応している。
 
 
個人的には最低でもAddQuicktag・All in One SEO Pack・Ktai Style・Yet Another Related Posts Pluginを入れないと落ち着かない。
あとは場合によって、記事を投稿したらタイトルを自動でTwitterに投稿してくれる、Tweetableを入れる事があるかな…。

 

WordPressを入れたらやっておきたい3つのwp-config設定。

2010年09月27日  タグ:

Leave a Reply