DSで一度も商品が売れた事の無い自分がDSについて語ってみる。

自分、ドロップシッピングで一度たりとも商品が売れたことの無い人間なのだけど…

例えば自分はネットショップポータルから個別のショップに移動して商品閲覧していても、「何この整理されてない雑多な感じ…。怪しいんだけど!!」と、思って「買う気」が起きず結局Amazonとかで類似商品探して買う事が多い。
だって、個別のショップで、「送料無料」となる額まで商品を探すストレスを考えると、多少金額に差があっても別の商品を探しやすいAmazonとか、オフラインで買った方がラクだし、ストレスが無い気がするし。
あえて知名度の低い個別のショップで買うメリットを感じないって感じ?
でも、自分がそう考えて避けるようなショップであっても、売れ行きとかをリアルタイムに表示しているのを見ていると普通に売れているっぽいんだよねー。

で、ドロップシッピングで商品を売っている人に似たような事を話した所、
男性は性能を見て買うけど、女性は値段を見て買うんですよねー。
と言われて「あぁ!!」と、気づいた。
男性女性の視点の違いも勿論あるだろうし、「人によって根本的な視点の違い」というものがあるらしい。

例えばドロップシッピングをやっている人間であれば、他人のショップで商品を見つけたとしても、「あれ?これDS店舗じゃね?!」と思った時点で、自身のIDで自己買いするか、買わない事を選択するよね。
他人の店舗で買うメリット無いし。だから、商品購入層から、ドロップシッパーは除外される。
ドロップシッパーでなくともある程度の知識のある人間とか、ネットのヘビーユーザであれば、DS店舗で売られているのと同じ、または類似の商品をもっと安くお得に買える店舗を探すのは容易だろうし、そういう人たちも購入層から除外される。
だって、ドロップシッピングで販売されてる商品って、商品名でググれば同じ商品を売ってるサイトなんて星の数ほどあるわけで、あえてそのショップで買う必用性を感じないだろうから。
そもそも、自分の場合、サイトの販売ページのデザインとカートのデザインが全く違う時点で、「何この怪しいの。」って感じで避けちゃうし。

そうやってどんどん、自身の店舗で商品を買ってくれる人間というものを絞っていくと、DS店舗でわざわざ商品を買う人っていうのは、かなり限られて来て、結果として

一度商品情報にたどり着いたらその場で買う事を決定してくれる人

が見込顧客として挙がってくる。
そういう人って、サイトがゴチャゴチャしていようがちゃんと整理されていようが、あんまり気にしない気がするんだよねー。
「売る事の出来ている人」の言葉を借りるなら、そういう購入層にとって最も重要なのは、

この場で商品を買う事が出来る事がハッキリしていて、商品説明や、料金及び送料が明確である事

らしいし。

ちなみに、上で挙げたような見込顧客を集める手段として効果的なのが、「キーワード広告」だと思う。
キーワード広告は、インターネットのライトユーザを集めるのに適していると思うし、余所の類似または同一商品を扱うサイトを見る前に、自分のサイトを見て貰えるのはかなり有利な気がする。

・・・うーん。
考えてるとめんどくさくなってきた!
やっぱ自分はドロップシッピング向いてないらしい…。

2010年09月24日  タグ:

Leave a Reply