GPLについて色々調べてみた。

別にライセンスどうこういう程凝ったものでもないけどもしもプラグインをGPLライセンスで配布するに当たりGPLについて調べていたところ、知らなかった点が結構浮かんできた。

具体的には以下のケースが WordPress における GPL 派生物だと理解しておけば良いと思います。

* WordPress 本体に変更を加えた
* WordPress 関数を使用するテーマやプラグインを作成した
* GPL で配布されている既存のテーマやプラグインに変更を加えた

WordPress と GPL、主にお仕事向けの話-ゆっくり…して…イってネ!より

テーマやプラグインを作成する場合、大抵はWordpress関数を利用するのだから、殆どのテーマやプラグインは暗黙的にGPLという事になると考えても良いのかな。

で、以前から気になっていたGPLとリンクウェアは矛盾するのかどうか、という点。

かちびと.net さんのSEO業者のアイオイクスと海外WordPessテーマ配布に関する問題記事のitochianさんのコメントを見ると…

むしろ、もともとのテンプレートのフッターにあるテーマ作者表示とそのリンクを、消したり改変すること自体には全く問題ありません。
表に文字やリンクとして見えなくても、そのCSSのようなソースレベルで著作権表示が保持されていればよいのですが…

かちびと.netSEO業者のアイオイクスと海外WordPessテーマ配布に関する問題に対するitochianさんのコメントより

リンクウェアとは矛盾するらしい。

でもあちこちの国内サイトを見ていると、WPの関数や機能を明らかに利用しているであろうテーマやプラグインが再配布不可で販売されてたり、リンクを条件に配布されているよね…。

GPLって難しい。

関係ないけど、「かちびと.net」とか、「ゆっくり…して…イってネ!」とかは何か調べたいと思って検索するたびに引っかかってる気がする。
いつもお世話になってますm(_ _)m

Leave a Reply