カニバリズム?人体提供者を募集していたレストラン。

GIGAZINEでみつけた過激な記事。

ドイツにおいて、人体を食材にする「人肉レストラン」が素材となる人体の提供を求めていたことが話題を集めたそうです。
人体の提供を求めていた「人肉レストラン」、はたしてその正体は?

これだけ読むと不気味この上無いのだけど…。
このレストランの実態は菜食主義者の団体らしい。

現在世界で3秒ごとに1人が栄養失調で命を落としているのは、人間の肉食文化に原因があるとしており、「肉1kgを生産するために消費されている16kg の穀物があれば、飢餓に苦しむ人々を救うことができる」とした上で、動物の肉を食べることは人間を食べることと同じであるなどとしています。

「肉を生産するためには穀物が必要」ならば、動物の肉を食べる事は人間の肉を食べる事と同じではないか!って主張のためのキャンペーンらしい。
ちょっと面白い考え方だなーと思ってしまう自分は危険だろうか。

2010年09月05日  タグ:

Leave a Reply