saasesに問い合わせてたメールの返事が返ってきた件。

さくらインターネットのさくらのVPSと並行して興味を抱いているsaasesというVPS&専用サーバ。

色々気になる点があって問い合わせメールを投げてみたら早速返ってきた。

このSaases、メモリ512MBで450円、1GBで980円くらいと、低価格帯にも関わらず、アダルト&再販可能なんだよね。

さくらインターネットは約款上、アダルトは原則禁止だったはずなので、そういう意味で、アダルトサイトを作成したい人にはsaasesは最適な選択ともいえる。
でもって、自分は一般サイト用としてさくらのVPSを、アダルトサイト用としてsaasesのVPSを借りようかと思っているのだけど、saasesへの問い合わせの結果で、唯一悲しかった点としては、未課金状態での「試用」が出来ない点。
安いし、そこまで神経質になる事は無いとはいえ、ちょっとだけ残念。

2011/01/09 追記
今現在、2週間の試用期間があるらしい。
申込み→アカウント到着→2週間の試用期間→本契約しない場合は自動的にキャンセル
という流れ。

ちなみにsaases。
電話でのサポートは無い様子だけど、メールサポートは結構速いし、話によるとツイッターでのサポートはもっと早いらしい。
あと、初期設定時に色々お願いしたら聞いてくれるっていう柔軟さもあるようで結構好感触。
回線とかは、40Mbps共有と、さくらと比べたら劣るかもしれないけど、それはそれで「料金安いし!条件良いし」って事で諦める事が出来るレベル。

でも、このsaasesあまり「広告」というものを見かけない。
さくらはあまり見かけないとはいえ、アドセンスと、成果報酬型の広告くらいはやってるのに対して、saasesの広告はほとんどといって見かけない。
saasesにしてもそうだけど、折角良いサービスなのに広告とかでの大衆認知度が低いのはちょっと悲しいね。
さくらはあまり広告せずとも老舗的存在だから、認知度はある程度あるのだろうけど。

広告にかける分のお金を顧客へのサービスに回しているんだろうなーとは思うけど…。
saasesにしても、さくらにしてももっと知られた方が良いサービスだと思う。

正直ちょっと前に借りたあるアダルト対応のレンタルサーバが、年間契約で4万円程度だったんだけどsaasesのVPSをその時に自分が知って居たらsaasesを間違いなく選んでいたと思うし。(当時からサービスは存在したらしい。)
もっと早くに知ってればー・・・と、少し自分の情弱を悔やむ。

2010年08月31日  タグ:

Leave a Reply