料理に失敗する理由。食べれない程に不味い料理は存在した。

食べれない程に不味い料理 とか、漫画とかで良くある話だけど、自分はこれまでそれほどに不味い料理というものを口にした事が無かった。

「無かった」と過去形なのは、昨夜の夕食にお好み焼きを作ったのだけど…
材料に申し訳ないくらいにまずかった。

冷蔵庫を確認するとお好み焼きの具としてスタンダードなのは豚肉のみ。
で、あとはなーんも無かったけど、どうしてもお好み焼きが食べたかったのでちょっと考えてみた。

ジャガイモとかレンジでチンして蒸かしたのを潰して混ぜたらおいしいんじゃない!?

とか、

豆板醤とか入れたら辛くておいしいんじゃない!?

とか。

キャベツの代わりに玉ねぎ大量に入れよう!

とか。

ああ。ひき肉もあるじゃん!

とか。

にんにく入れたらいいんじゃね?!夏バテ対策。

とか・・・・。

色々ミックスした結果、一口でギブアップ。

多分一番ヤバかったのはジャガイモだね・・・。なんていうか、もう、ネチネチって感じ。

別に自分、料理が不得意ってわけでもなく、その辺の一人暮らしの男性と同等くらいにはふつうに出来る方だと思ってるんだけど、ノリって怖いね。

2010年08月24日  タグ:

Leave a Reply