HTTPヘッダをリアルタイムに確認出来るFirefoxアドオン、LiveHTTPheader

Webサイトを制作する場合に、どのようなHTTPヘッダを吐き出しているか、確認したい場面がある。

例えば、第三者のWebサイトを閲覧する場合でもヘッダをチェックする事で、どういうやりとりをしているのか、という事を確認出来るし、WEBを制作する場合でも、動的ページのロジックミスで、おかしなヘッダ(404とか)を吐いていないか、といった事をチェックする場合にも有効。

そこで、Firefoxアドオン LiveHTTPheader を使用する。
インストールできたら、ツール→LiveHTTPheader で起動して「キャプチャ」にチェックを入れるだけ。

非常にシンプルな作りだが、正規表現でのフィルタや表示データの選択など、必要な機能は十分備わっていると言える。

2010年05月06日  タグ:, ,

Leave a Reply