「サイドビジネス」って結局んとこ儲かるんだろうか。

以前、友人が「サイドビジネス始めた!」とかわけわからん事を言い出して、インターネットの出来る固定電話機とやらを20万強出して買った挙句、それを上乗せした価格で「売る権利」を得て、結局1か月後には「俺には無理やった。」と、諦めてたんだけど。

まぁ、いわゆるマルチまがい、って奴だと思うんだけど、これって結局んとこ儲かるんだろうか、とちょっと思う。

友人を悪く言うのもアレなんだけど、そんなのを買うようなお人よしが居る以上、大本は笑いが止まらん程儲かってるんだろうけど。
そもそも友人にそれを勧めたっていう友人の知人はやたらと羽振りが良いらしいしね。

でもそういうのってアレだよね。
インターネットの出来る電話機だか何だか知らんけど、んなもんを20万強って・・・。
店舗で売られても普通は「買わない」と思うんだ。
で、それを更に上乗せした状態で買ってくれる人なんて稀なわけで…。

缶ジュースをスーパーで60円くらいで買ってきて、「これをお前に120円で売ってやるから、150円で売ってきていいよ」って言ってるようなもんな気がしてならない。
そりゃ、世の中いろんな人がいるし、未だに俺俺詐欺とかが横行してるって話だし、買ってくれる人もおるやもしれんけど、そんなんをその価格で売れる人は普通に「まともな商品」の営業しても成功する気がする…。

2010年08月05日  タグ:

Leave a Reply