Google日本語入力とMS IME2010では、個人的にはMS IME2010に軍配があがる

MSユーザ向けにフリー配布となった、MS IME2010と、Google日本語入力、個人的に使い比べしてみた。
何となく使ってみた個人的な感想なので、賛否両論はあるだろうけど…

Google日本語入力の場合、学習機能を有効にしていると非常に極端に学習してしまう気がする。
一度誤った入力を記憶してしまうと、なかなか再学習してくれない気がする。
その点MSIME2010でその手の事が気になった事が無い。

あと、MS-IMEのカタカナ語英単語辞書は個人的には非常に重宝しているというか、MS-IMEになってから、初期変換時は「英単語に変換」という別枠が設けられた事で更に使い勝手を増した気がする。
対して、GoogleIMEでもカタカナ語を英単語変換する事が出来るようにはなっているものの、この学習についても「極端すぎる」事と、同じ「スタート」というカタカナ語を変換するにしても、
start
しか出てこない。
何が言いたいかっていうと…
Start
START
といったパターンが無い。
MS-IMEは全角半角、大文字小文字込みこみで変換候補として出てくる事と、学習もちゃんとしてくれる。
プログラミング中のコメントの入力とかで結構使うんだよね。
あと関数名とかつけるときに正確なスペル覚えてなくてもどうにかなるっていう・・・。
そこで、「start」とかしか出てこないと、「スタート」→「start」→「←←←←BS shift+s F10」とかやらないといけないのが若干ウザい。
てか、「startくらい、直接入力しれ!」って感じだろうし、プログラミング中に日本語入力オンってのがアレなんだろうけど・・・。

2010年07月27日  タグ:, ,

Leave a Reply