phpMyAdminのインストール方法のメモ。

phpMyAdmin 3.5.0 がリリースされていたので、phpMyAdminのインストール方法のメモ。

phpMyadminのインストール手順

phpMyAdminのダウンロード・解凍

任意のディレクトリにPHPMyAdminのアーカイブをダウンロード。

wget "http://sourceforge.net/projects/phpmyadmin/files/phpMyAdmin/3.5.0/phpMyAdmin-3.5.0-all-languages.zip"

解凍する。

unzip phpMyAdmin-3.5.0-all-languages.zip -d インストールディレクトリ

phpMyAdminの設定

Mysqlにrootログイン。

mysql -u root -p

phpMyAdminディレクトリ以下の、examples/create_tables.sql のSQLを実行してphpMyAdmin用データベース()及びテーブルを作成する。

source SQLファイルを指定

上記を実行でphpMyAdmin用のデータベース「phpmyadmin」が作成されるので、pmaユーザを作成し、データベースphpmyadminに対する権限を与える。

GRANT ALL PRIVILEGES ON phpmyadmin.* TO pma@localhost IDENTIFIED BY 'pmaユーザに設定するパスワード';
FLUSH PRIVILEGES;

phpMyAdminディレクトリ直下にある config.sample.inc.php を config.inc.phpに変更する。

mv config.sample.inc.php config.inc.php

config.inc.php を編集する。

vim config.inc.php

コメントアウトされている複数の$cfg[‘Servers’][$i] 〜〜 のコメント状態を解除し、適宜値を与えてやる。

手順通りにやってる場合は、$cfg[‘blowfish_secret’] に値を与え、 $cfg[‘Servers’][$i][‘controlpass’]に上記で設定したpmaユーザのパスワードを設定してやるだけで良いと思う。

2012年04月09日  タグ:, ,

Leave a Reply