TABキーでのファイル名入力補完で大文字・小文字の区別をなくす方法

例えば、端末上で、存在するファイル”Hogehoge”を指定したい場合、”hoge”と入力した後にTABキーを押しても入力補完が行われない。

この手の入力でシフトキーでHを大文字にして “Hoge” としてやるのは少々めんどくさい。

ユーザ単位の場合は ~/.inputrc に、全てのユーザに適用したい場合は /etc/inputrc に以下を追加する事で、ファイル名の入力補完において大文字小文字の区別をなくす事ができる。

set completion-ignore-case on
2012年03月31日  タグ:

Leave a Reply