FuelPHPを使ってみる その1 | FuelPHPのインストール

数ヶ月前にCodeIgniterのライセンス変更の話から代替フレームワーク候補として上がっていたFuelPHPを、今更ながら使ってみようと思い立った。

なぜ今更試しているのかというと・・・。バフはここ数ヶ月「アスガルド」という古いネトゲに熱心で、毎日ネトゲ漬けで他の事を一切やってなかったっていう・・・。


というわけで、FuelPHPのインストールの話。

前提

FuelPHPのインストールには「クイックインストール」と「手動インストール」の二つが用意されているのだけれど、折角なのでクイックインストールを使ってみる。
クイックインストールにはcurlとgitを利用するので、入ってない場合は予め入れておく。

FuelPHPのインストール

FuelPHPをインストールする。

oilのインストール

以下のコマンドを実行し、 oil をインストールする。

curl get.fuelphp.com/oil | sh

oilコマンドでクイックインストールを実行

FuelPHPをインストールしたいディレクトリで、以下のコマンドを実行する。

oil create 任意のディレクトリ名

今回はテスト用なので以下のコマンドを実行した。

oil create testsite

今回は~/Website 上でoilコマンドを実行したので、Website の直下にtestsiteディレクトリが作成され、以下のようにディレクトリが展開された。


ripper@skuld:~/Website$ cd testsite/
ripper@skuld:~/Website/testsite$ tree -d

├── fuel
│   ├── app
│   │   ├── cache
│   │   ├── classes
│   │   │   ├── controller
│   │   │   ├── model
│   │   │   └── view
│   │   │       └── welcome
│   │   ├── config
│   │   │   ├── development
│   │   │   └── production
│   │   ├── lang
│   │   │   └── en
│   │   ├── logs
│   │   │   └── 2012
│   │   │       └── 03
│   │   ├── migrations
│   │   ├── modules
│   │   ├── tasks
│   │   ├── tmp
│   │   ├── vendor
│   │   └── views
│   │       └── welcome
│   ├── core
│   │   ├── classes
│   │   │   ├── cache
│   │   │   │   ├── handler
│   │   │   │   └── storage
│   │   │   ├── config
│   │   │   ├── controller
│   │   │   ├── database
│   │   │   │   ├── mysql
│   │   │   │   ├── mysqli
│   │   │   │   ├── pdo
│   │   │   │   ├── query
│   │   │   │   │   └── builder
│   │   │   │   └── result
│   │   │   ├── fieldset
│   │   │   ├── file
│   │   │   │   └── handler
│   │   │   ├── image
│   │   │   ├── model
│   │   │   ├── mongo
│   │   │   ├── request
│   │   │   ├── session
│   │   │   └── validation
│   │   ├── config
│   │   ├── lang
│   │   │   └── en
│   │   ├── tasks
│   │   ├── tests
│   │   │   ├── cache
│   │   │   │   ├── handler
│   │   │   │   └── storage
│   │   │   ├── controller
│   │   │   ├── database
│   │   │   │   ├── mysql
│   │   │   │   ├── mysqli
│   │   │   │   ├── pdo
│   │   │   │   ├── query
│   │   │   │   │   └── builder
│   │   │   │   └── result
│   │   │   ├── email
│   │   │   ├── fieldset
│   │   │   ├── file
│   │   │   │   └── driver
│   │   │   ├── fuel
│   │   │   ├── image
│   │   │   ├── redis
│   │   │   ├── session
│   │   │   ├── validation
│   │   │   └── view
│   │   ├── vendor
│   │   │   ├── htmlawed
│   │   │   ├── markdown
│   │   │   ├── phpquickprofiler
│   │   │   ├── phpseclib
│   │   │   │   ├── Crypt
│   │   │   │   ├── Math
│   │   │   │   └── Net
│   │   │   └── spyc
│   │   └── views
│   │       └── errors
│   └── packages
│       ├── auth
│       │   ├── classes
│       │   │   └── auth
│       │   │       ├── acl
│       │   │       ├── group
│       │   │       └── login
│       │   └── config
│       ├── email
│       │   ├── classes
│       │   │   └── email
│       │   │       └── driver
│       │   └── config
│       ├── oil
│       │   ├── classes
│       │   │   └── generate
│       │   │       └── migration
│       │   └── views
│       │       ├── admin
│       │       │   ├── crud
│       │       │   │   ├── actions
│       │       │   │   ├── controllers
│       │       │   │   └── views
│       │       │   │       └── actions
│       │       │   └── orm
│       │       │       ├── actions
│       │       │       ├── controllers
│       │       │       └── views
│       │       │           └── actions
│       │       └── scaffolding
│       │           ├── crud
│       │           │   ├── actions
│       │           │   ├── controllers
│       │           │   └── views
│       │           │       └── actions
│       │           └── orm
│       │               ├── actions
│       │               └── views
│       │                   └── actions
│       ├── orm
│       │   └── classes
│       │       └── observer
│       └── parser
│           ├── classes
│           │   ├── twig
│           │   │   └── fuel
│           │   └── view
│           ├── config
│           └── vendor
│               ├── Mustache
│               └── markdown
└── public
    └── assets
        ├── css
        ├── img
        └── js



実際にはdocsディレクトリ、ドキュメント類も同時に展開されるのだけれど、長くなるので省略した。

ご丁寧にパーミッションまで変更してくれるらしい。

Apache 及び hostsで testsite.localhostで testsite/public を表示できるように設定してアクセスしてみる。

以下のような画面が表示されてインストールは完了。

次は何か作ってみる〜。

2012年04月01日  タグ:

Leave a Reply