主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

PHPでもしもドロップシッピングAPIを利用する方法

もしもドロップシッピングAPIを利用する方法。

JSON形式でデータを取得する場合、

define(API_KEY,'APIキー');
$data = file_get_contents('http://api.moshimo.com/article/search.json?authorization_code='.API_KEY);
$dataArr = json_decode($data,true);

などとする事で取得したデータを配列に格納出来る。
らくちん。
(オプション付加する事で、様々な形でデータを取得出来るので、詳細は仕様書を確認の事)

1秒当たりの取得可能回数制限が少々厳しいし、アクセス自体「糞重い」ので、取得したデータをキャッシュしてやる必要があるかなー。

キャッシュする場合は、$dataの中身をまるごとDBなりファイルなりに放り込めば良い気がする。
キャッシュデータが存在する場合はキャッシュから読み込みーって感じ?

まぁ、何にしても、CSVよりは使い勝手良さそう。
CSVには確か含まれていない、「在庫状況」とかの項目もあるし。

追記:
WordPress用のもしもAPIプラグインを作ってみた。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ