主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

Twitterのフォロワーを増やす方法の一例。

軽めのコミュニケーションツールとして浸透しているTwitter。
そのフォロワーを短期間で増やすための方法。
(タイムラインを見てくれているとか、そういうのは度外視でただ単純にフォローしてくれる人を増やす方法。その先に何があるのかは不明。)

その1.フォローしてもらうためにフォローしよう

フォロー返し100%とプロフでうたっている人もいるくらい「フォロー返し」というのは一般的に行われている。
フォロワーを増やすためにはまず誰かを「フォロー」する事で「お返しのフォロー」を待つのが最もお手軽だと思われる。

その2.「フォロー返し」が見込める人の選別の必要性

こちらからフォローする事でフォロー返しに期待するといっても、「数打ちゃ当たる作戦」というは効率が悪い。
と、言うのも…。
Twitterでは1日にフォロー出来る数に上限が設けられているし、「フォローしてくれている人の数」次第ではそれ以上「フォロー」する人を増やす事が出来なくなってしまう。
(具体的にはフォロー数が2000件を超えると、フォローされている数の110%がフォロー出来る上限数となる。)

要するに、2000件を超えてフォローしようと思った場合、相応のフォロワーを確保する必要がある。
一方的にフォローしまくって、お返しフォローをある程度確保したとしても、2000件より先に進めないのでは意味が無い。
なので、ある程度、フォローする人間を選別しよう。

その3.フォロー返ししてくれそうな人の選別方法

では、具体的にどのように「フォロー返ししてくれそうな人」を選別するかというと…。
結構簡単。
アフィリエイトリンクばかりをひたすらつぶやいているような人を「フォローしている人」を狙おう。
つぶやきが手動か自動かはさておき、無作為にノンジャンルでひたすらアフィリエイトを繰り返している人をフォローしているくらいなのだから、そういう人はフォローしてくれた人に律儀にフォロー返しをしている可能性が非常に高い。
アフィリエイトリンクばかりをつぶやいている人を探し出して、フォロワー一覧を開いて、上から順番にひたすらフォローボタンを押して行こう。
慣れれば、テレビを見ながらでも押せると思われる。

また、上に挙げたような人の中から、「フォロー数≒フォロワー数」な人を選別する事でより効果は上がるかもしれない。

※1日にフォローする数は300件程度にしておこう。

その4.フォロー返ししてくれない人の整理

「フォローしまくり」を続けていると フォロー数>フォロワー数 となってしまう事が多い。
その2で挙げた理由で、 フォロー数>フォロワー数 という感じで、その差が顕著だとフォローを増やせないというデメリットが生じてしまう。
なので、定期的に「自分はフォローしているけど、相手はフォローしてくれてない」という人をフォロー解除してバランスを取ろう。

JustUnFollow

などを利用すれば、フォローしているけどフォローしてくれていない人 の 一覧を表示してくれるので、リムーブボタンを押していくだけでフォローの解除が可能。

※フォローの整理は定期的に行うと良いが、最後にフォローした日から数えて三日後などに行うと尚良いと思う。

 
というわけで、「フォロー返し」という慣例(?)を利用したフォロワーをとりあえず増やす方法おしまい。

その5.最後に

てか、こんな記事書いた上に、余程露骨なアフィリエイターでもなければ自分も「フォロー返し」してしまう系だからアレなのだけど、基本は「興味のある人」「つぶやきを読みたい人」をフォローする ってのがTwitterの楽しみ方だと思うので、あんまりフォロワー数とかに気を取られずに純粋にTwitterを楽しんだ方が良い、とは思う…。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ