主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

WordPressテーマやプラグインの扱いが気になってGPLについて調べてみた。

人によって結構解釈の違う、GPLライセンスだけど、GPLライセンスであるWordPressのテーマとかプラグインってどういう扱いになるん?と思って、GPLについて調べてみた。
※適当に調べてみた結果なので、間違いがあったら指摘して下さい。

結局んとこGPLって何なん?

改造や再配布を自由に行っても良いかわりに、再配布する場合は再配布するバイナリと共にソースコードも再配布する必要がある。また、その再配布先にもGPLに基づいた権利が与えられ義務も課せられる。

GPLライセンスの物を有償で売っても良いん?

売るのは構わないが、売った場合もGPLの縛りが適用されるため、購入者がオリジナルまたは改造物を有償または無償にて再配布する事を制限する事は出来ない。

GPLのソフトウェアと連動するソフトウェアはGPLになるの?

GPLライセンスのソフトウェアの「派生物」は暗黙的にGPLの縛りを受ける事になる。

結局WordPressのテーマとかプラグインはどういう扱いになるん?

WordPressの場合、ソフトウェア・フリーダム・ロー・センターの見解によると
WordPress テーマの PHP コードは GPL でなければならないが、画像や CSS は GPL でもそうでなくてもよい
という事らしい。
まぁ、「テーマも」って事はプラグインなんかは当然のようにGPLでなくてはならないって事だろうね。
参考サイト:テーマもGPLライセンス WordPress 日本語

やっぱテーマもPHP部分はGPLである必要があるっぽいし、そうなると、国内で販売されている「再配布禁止」のWordPressテーマやらプラグインって「どうなん?」って感じになってくるんだけど、どうなんだろう。
企業として、Wordpressテーマとかプラグインを有償配布して、かつ「再配布等禁止」って拘束しているところ結構あるよね。
こういうのってどうなのかなー。問題ないのかな。
詳しい人教えてください。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ