主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

WordPressを入れたらやっておきたい3つのwp-config設定。

WordPressのドキュメント見てたら、(個人的に)不便だと思っていた点をフォロー出来る便利な設定等が載っていたので紹介してみる。

ゴミ箱の無効化または削除日数設定

WordPressのコメント削除とか、記事削除、とか、Ajaxで非常に軽快に削除出来てしまうので、「ついうっかり」の保険の意味でゴミ箱機能は欲しいけど、ゴミ箱に入ってから削除に至るまでの日数がデフォルトの30日はやや長めな気がするので、wp-configで

define('EMPTY_TRASH_DAYS', 2 );

2日に設定。(「やや」じゃないね。)
ちなみにこの値を0にすると、ゴミ箱機能を使用しない設定になる。

リビジョンの無効化または保存数制限

WordPressの編集履歴機能、非常に高機能で良いのだけど、デフォルトだとかなりの数を保存してくれちゃって無駄に容量が増えていく。
正直、ちょっとウザいので、制限する。
wp-configで

define('WP_POST_REVISIONS', false);

とすると、オートセーブ機能分(1個)のみ保存するようになり、リビジョン機能は無効化される。

define('WP_POST_REVISIONS', 3);

とか数字を指定してやると、最大リビジョン数を指定できる。

9/28追記:既に保存されてしまったリビジョンは、上記設定でリビジョン数を制限しても削除される事は無いので、Delete-Revision等のプラグインを使って削除した方が良い。
なお、Delete-Revisionはプラグイン→新規追加→検索 で自動インストール可能。
一度保存して公開した記事をリビジョンから再編集したいケースってのはなかなか無いと思うので、バッサリ削除して良いと思う。

自動保存間隔の制限

オートセーブの実行間隔の設定。
初期値は60秒だけど、オートセーブ、個人的には「編集中に飽きて、そのまま放置してる事を忘れて、ブラウザ閉じちゃったよ!」てな時くらいしか役に立たない気がするので

define('AUTOSAVE_INTERVAL', 300 );

5分に設定。
定期的に確実に保存したい場合は30秒等に設定すると良いかも・・・。

関係ないけど、ドキュメントに、

重要: Microsoft Word のようなワープロソフトは、WordPress ファイルの編集には 絶対に使わないでください!
wp-config.php_の編集

と、書かれててちょっと笑った。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ