主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

さくらインターネットの新サービス、さくらのVPSを使ってみた感想。

さくらインターネットの新サービス、さくらのVPSを使ってみた感想。

ベータの時点で分かっていたことだし、別の記事でも書いた事だけど、自由度が高い。
まっさらな平原のように「自由」が広がっている…。
でも「自由」な分だけ、何かをするためには自分でまず道具(ソフトウェア)を集めて道具の手入れ(設定)をしなければならない。

別にこれってフルマネージドだったり、管理パネルを導入済みだったりする専用サーバ・VPS以外でも言える事なのだけど、「Linuxって何!?」「共用サーバでFTPクライアントにFTPアカウント設定してウェブサイトをアップロードできるよ!」って程度の知識じゃウェブサイトの設置・公開まで辿りつけないはず。
このブログのアクセス解析見てる限りじゃ、「さくらのVPS FTP」とかでググって来てる人もいるくらいだし・・・。
多分、検索して来てる人は、「何でFTPアカウントが送られてこないの!?」と思ってると思う・・・。
(FTPでググっている人は、SCPを使ってみよう!詳しくはググって下さい。)

さくらインターネットは基本的に好きだし、信用出来る会社だと思っているけど、さくらのVPSについて、「共用サーバからステップアップ!専門知識を身に着けて更にウェブを楽しく!」って文言はどうかと思う。
余所の共用サーバ並に低価格という事もあるし、さくらインターネットだからこそ「初心者でもいけるのかな!」とか思って登録してみる人いるだろうし、折角VPSなんだから、ある程度設定された状態の初心者向けのイメージとかあれば面白いと思うんだけどなー。
(どっかのサイトで見た話だと、さくらの専用サーバでは初期状態を何種類かから選択できるって話だし。)

とまぁ、さくらインターネットだけに「MOTTO!!!」を期待してしまうし、宣伝の文言には多少の疑問を感じたりもするけど、980円でこれだけのサービスってのはやっぱり「流石はさくらインターネット!!!」って感じ。
余所と比べて断然良いと思う。自分で設定できる人にはかなりお勧めできる感じ。

※何かツイッターとか見ている限りじゃ「コンソール使えない!」とかトラブル起きてる人もいるみたいだけど、さくらだし、そのうち対処してくれるだろうし、自分はトラぶってないからオッケー。

追記:
一応LAMPP(Apache・MySQL・PHP・Perl)のインストール方法をメモしてみた。

追記の更に追記:
さくらインターネットの田中社長が最低限の初期設定についてブログを書いたっぽい。
流石さくら!!っていうか、さすが田中社長!?

CentOSをサーバーとして活用するための基本的な設定

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ