主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

もしも商品表示プラグインで使える変数一覧。

ここで公開されている情報はバージョンアップで既に古くなっています。
最新のプラグインをご利用の場合、ここに記載されているテンプレートタグは利用出来ないので、最新版の配布ページをご覧ください。

やりっぱで放置気味のもしも商品表示プラグインの使い方。
変数編。

テンプレート中で使える変数の紹介をしてみようと思う。

《テンプレート変数》
#MoshimoShopId# 店舗ID
#ArticleId# 商品ID
#Name# 商品名
#ImgAll# 全画像表示IMGタグ付き(サイズや改行設定は管理パネルの設定に準ずる)
#ImgSingle# 画像1枚IMGタグ付き(サイズは管理パネルの設定に準ずる)
#FixedPrice# 希望小売価格
#RecommendedPrice# 価格
#SippingFree# 送料無料
#StockStatusWord# 在庫状況
#CatchCopy# キャッチコピー
#Description# 商品説明
#Spec# 商品スペック
#MakerName# メーカー名
#ModelNumber# 商品型番
#DodFrom# 配送目安 最短日数
#DodTo# 配送目安 最長日数
#ImageCode# 画像コード

他にもたくさんあると思うのだけど、とりあえずはこの辺で…。
ほとんどがもしもAPIから配列に落としただけのものなので、もしも公式のAPI仕様書を読むとわかるかもです。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ