主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

趣味と業務の境界線の話。

「ニートのお前が何を…」みたいな感じかもしれないけれど、Twitter眺めていたら思い出したので。
以下、まぁ、ただの陰口的な感じ。

職場で利用するコンピュータを「自作のほうが安くてスペックが高いものが…」みたいな理屈で、勤務中に秋葉原へ〜みたいなことをしていた人を知っている。(もう何年も前の話だけれど、バフは東京で仕事していたので)
バフ、こういうのが一番嫌いだったりするんだよね。

確かに当時で考えれば自作の方が安く、よりスペックの高いPCを手に入れる事は出来たのだろうけれど、何が無駄かって…。
業務で使用するコンピュータを「自作」するために勤務時間中に会社のお金で新宿から秋葉原を往復し、会社の金で部品を買い、んで、これまた勤務時間中に会社でそれを組み立てるという、一連の流れのために使った時間。
この間も会社は給与出してますから・・・。みたいな。
正直なところ、バフはその人に「価値」というものを見いだせないし、「バフに人事権があったなら即解雇したい」って感じだけれど、少なくとも会社は支払っている最低でも給与の3倍くらいの価値は見込んでると思うんだよね。
通常の仕事をほったらかしてPC自作してるくらいなら、「普通に自分の仕事してろよ・・・」とか思うわけで。
そもそも、「業務で各人がクライアントとして利用するコンピュータでそんなに高スペックなPCが必要ですか?」みたいな。

ていうか、業務で普通にクライアントとして使用するコンピュータをあえて自作するメリットは無いとバフは考えるし、会社の資産となったその「自作PC」を利用していて「不具合起きたらどうするの?」とか。
その時にまだその人が会社にいたなら、勤務時間中に喜んで修理するのかもしれないけれど「時間の無駄じゃね?」みたいな。
仮に、不具合発生時にその人が既に会社やめていたなら、自作PCなら会社にいる他の誰かがどうにかするか、諦めるしかないわけで。「すっげ迷惑じゃね?」とか思う。
メーカーPCなら、契約するサポートの内容によっては、故障したら翌日に修理にきてくれたりするし、その間に業務を止めたくないなら、誰も使わない予備のPCでも用意しておけば良いだけの話。

これに限らず「え?その必然性は?」とか思った先には「オタクのこだわり」みたいなのが見える事が良くあるけれど、「それって業務にどうしても必要な事ですか?」とか超いいたい。
趣味や、独立して趣味込みの自己責任でやる分には何をしようが勝手だと思うけれど、どうしてそれを会社でやろうとするかなー。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ