主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

WEB投げ銭!?応援したい人に気軽に「カンパ」出来るサービス「Kampa!」で、カンパしてみた。

某知人との会話の中でKampa!というサービスが話題に出たので、ちょっと試してみた。
さて、Kampa!というのは、商品の購入費の一部をAmazonギフト券という形でカンパしたり、カンパしてもらったり出来るサービス。

kampa

個人情報らしい個人情報は特に必要がなく、贈る側・受け取る側ともに手数料は不要で、15円からカンパ出来るという素敵仕様。

カンパする方法

Kampa!のウェブサイトを開くと、カンパ募集している方とその人が欲しい商品の一覧が表示されるので、カンパしたい人を探す。
ここでは、Kampa!を運営していらっしゃるSada氏にカンパしてみる。

kampa2

クリッククリック。

kampa3

カンパページが表示される。

ってか、タイタニックって。
これ、むかーし”男二人”で映画館に見に行ったよ…。
そのあと別の”男友達”とビデオみたよ…。
女性と鑑賞した記憶がないよ…。

なんて、個人的な恨み言は置いておいて。
かんぱかんぱ。

kampa4

まず、表示されているカンパアドレスをコピーして、Kampa!ボタンをクリック。

kampa5
Amazonギフトの購入ページが表示されるので、あらかじめコピーしておいたカンパアドレスと、カンパ金額、メッセージ等を入力して購入手続きを行う。

kampa6
バフはニートで貧乏なのでとりあえず100円でごめんなさい。

kampa7
あとは普通に決済するだけ。

kampa8
って感じでカンパ完了。

実際、Amazonギフト券をKampa!を通して送付しているだけなのだけれど、気軽に匿名で投げ銭できるサービスってのは非常に面白い。

さて、今回はカンパする方法のみ書いたのだけれど、Kampa!に登録してブログやSNSなどからリンクを貼っておく事で誰かがカンパしてくれるかもしれないので、興味のある人はぜひ登録を。
(追記:ブログなどに貼り付けることの出来るブログパーツなども用意されている模様。)

登録方法についてはKampa!チュートリアルに詳しい説明があるのでそちらを参照すると良いと思う。

余談

Amazonギフトを贈ったことも受け取った事も無かったので「本当に匿名なのか」と疑問に思い、自分宛に自身のAmazonアカウントからAmazonギフトを送って試してみたけれど、ギフト券購入時に入力した名前しか表示されず、本名等は一切入ってない模様。
安心安心。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ