主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

「はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP」が出たよ!という話。

先日、FuelPHP本としてFuelPHP入門が出たばかりだけれど…。
今度は鈴木憲治氏(Twitter:kenji_s)のFuelPHP本「はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP」が達人出版会から、電子書籍として発売された。

アニメ見たり、ラノベ読んだりと多忙なバフは、全部読んだわけじゃないのだけれど…

http://9jp.info/wp-content/uploads/2011/10/ci11.jpg

って人でも、

って人でも、FuelPHPというフレームワークに入り込みやすい気がする。
そのへんにも触れられてるしね。

とりあえず、

「FuelPHPって何さ?」
「FuelPHPでどういうことができるの?」
「FuelPHPで開発するためにどういう環境や事前知識が必要なの?」
「FuelPHPで開発するにあたって知っておくべきルールは?」
「FuelPHPでの開発はどのように行うの?」
「FuelPHPで実際に何か作ってみたいよ!?簡単なサンプルきぼんぬ!」

って要求にはバッチリ答えてくれるし、わかりやすい。

ただ、この本自体がFuelPHPというフレームワークに対する理解を深める目的で作られていると思うので当然だけれど…
FuelPHPのクラスやメソッドについての具体的な解説は、話の流れとか、サンプルのコンタクトフォームの制作に必要な分だけ・・・って感じなので、実際に自分で何かを作る場合には、FuelPHP公式のドキュメントの併用は必須。
(公式ドキュメントの和訳的なものを求めてる人には向いてないって話ね!)

バフ的には、この本で、いくつかの新しい発見と、モヤモヤーっと疑問に感じてた部分が解決したので超満足。
達人出版会には書籍の評価機能がないっぽいけれど、★5つって感じ。

以上、感想おしまい〜。

追記:
割とどうでもいいし、蛇足でしかないけれど…。
達人出版会、素敵なサービスだとは思うのだけれど、購入ガイド的ものがもう少し充実すればもっと素敵だと思う…。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ