主にWEB関係の話。

スポンサード リンク

データベース機能強化(InnoDB対応・DB数上限緩和)で「さくらが熱い!」という話

この記事では、さくらインターネットのデータベース機能強化について書いていますが、さくらインターネットのお知らせを引用して、バフの感想を述べているのみなので、詳細で確実な情報を得たい場合は、直接さくらインターネットのお知らせプレスリリースを確認して下さい。


さくらインターネットからユーザ向けに以下のようなメールが届いていた。

–省略–

弊社では、2011年9月28日(水)10:00より、「さくらのレンタルサーバ」
サービスのデータベース機能強化に伴うメンテナンスを実施いたしますので、
お知らせいたします。

 メンテナンス中は、「さくらのレンタルサーバ」のデータベース機能の一部
を停止させていただきます。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしま
すが、何卒ご理解、ご了承のほどお願い申し上げます。

–省略–

※さくらインターネットのお知らせメールより引用

最初は「ただのメンテナンスのお知らせかぁ…」なんて思ったのだけれど。

と、気になった。
さくらインターネットのウェブサイトを覗いてみると、こんなお知らせが。

「さくらのレンタルサーバ」データベース機能の強化について

–省略–

 1)データベース作成数を大幅に増量
  多様化するWebアプリケーションへの対応として、データベースの作成数
  を大幅に増量。今回の改定により、全てのプランにおいて複数のデータ
  ベースが利用可能となります。

  <データベース作成数>
   ・スタンダード 1個 → 20個
   ・プレミアム  1個 → 50個
   ・ビジネス   2個 → 100個
   ・ビジネスプロ 3個 → 200個

 2)ストレージエンジン「InnoDB」の追加提供
  ストレージエンジン(※1)は、従来から提供しておりますシンプルで高
  速な「MyISAM」に加え、トランザクション(※2)に対応した「InnoDB」が
  利用可能となります。

  ※1 MySQLにおけるデータの保存形式
  ※2 関連する複数の処理を、一つの処理としてまとめて実行する処理方式

 3)データベースサーバの増強
  データベースサーバのスペック増強により、従来に比べ5倍以上パフォーマ
  ンスが向上(※1)。それにより、処理速度の大幅な高速化を実現します。

  ※1 ベンチマーク(sysbench)による性能比較

–省略–

■補足事項
 ・今回の改定以降、新規にデータベースを作成される場合、「MySQL5.5」で
  の提供となります。
 ・現在提供中の「MySQL5.1」については、今回の改定をもちまして、新規作
  成を終了とさせていただきます。あらかじめご了承ください。(※新規で
  の作成は終了となりますが、既にご利用中のMySQL5.1につきましては、引
  き続きご利用いただけます。)

–省略–

さくらインターネット 「さくらのレンタルサーバ」 データベース機能の強化についてより引用

以前から、DB数とInnoDB未対応については不満の声が挙がっていて、DB数についてはTwitterで「検討中」と、田中社長のTwitterだか、さくらインターネット 広報のTwitterだかで話が挙がっていたのだけれど…まさかいきなり、上限1個が20個になったり、3個が200個になったりするとは思わなかった。

そして、InnoDBにまで対応したのは素晴らしい。
バフが組むようなショボイウェブアプリでも出来ればトランザクション管理を…という場面は無くは無くはないので有難い。

というか、メールではユーザにとってネガティブともいえる「メンテナンスのお知らせ」のみを送付して、ユーザにとって有難い機能追加についてはコッソリサイト上で告知というのも「慎ましくて素敵!」って感じ。

機能強化は9/28との事なので、今から楽しみ。

スポンサード リンク

人気記事

最近の投稿

カテゴリー

タグ